ボストンマラソンを走って社会起業家になろう その1

世界でもっとも古い市民マラソンである(1897年から始まった)ボストンマラソン大会に出場する為のエントリーが9月から始まりました。来年のマラソン枠は去年、爆破事故により完走できなかった人も多数いた為に、例年以上に増えました。それでも出場するのはそんなに簡単ではありません。

そんな中、来年度のボストンマラソンに出場することになった一人の女性、Anne Ghayourさんから話を聞きました。

ーーそもそもなぜ、ボストンマラソンに出場しようと思ったのですか?

実は今回で3回目になるのですが、初めて走った2007年は、自分の身のまわりにがんになる方が何人もいて、何か自分ができることはないのだろうかということを考えました。始めは、自分が何もできないと思うと、とても惨めな気持ちになりましたが、ボストンマラソンにDana Faber (http://www.dana-farber.org/) というがんの研究所がファンドレーザーとして参加しているのを知って、がんの研究をもっとすすめてもらう為に走ろうと決心しました。Dana Faberの為に走って資金を集めるのはそんなに大変なことではありません。なぜなら、この辺りの人たちはみんな、なにかしらの理由でDana Faberを知っていますし、がんの研究のための資金集めと言う理由に、賛同してくれる人は多いです。

個人的にはちょうど、子供たちが小さかったので、子供の関係以外の人たちと知り合えることはとてもうれしいことでした。毎週何時間かともに同じ目的の為に走る沢山の人とつながることができるのですから。

ーー今回の特別な目的はありますか?

実はシカゴにいる、2人の息子を抱えたいとこが、がんになりました。彼女は今、治療をしている最中です。彼女の為に走ろうと、この3月に思っていたのですが、4月に爆破事件がおこり、その気持ちが決定的になりました。あの事件をきっかけに、走るのが怖いと思っている人もいるようですが、大多数の人はそうではありません。

ーーこのマラソンでは自分で、どのくらいの金額を集めるかを決めるのでしょうか?それとも、団体のほうから、指定された金額を集めるのですか?

団体のほうからは最低金額として4000ドルは集める必要があるといわれていますが、私は今回、自分の目標を11000ドルにしました。それは過去の経験上10000ドルは絶対に集められる自信があるからです。人の行動とはとても面白いもので、特に募金になると、そんなに普段付き合いのない人でも、このマラソンの話をしたら、次の日 3000ドルの小切手を持ってきた方もいました。
その人は、Dana Faberを知っていて、自分の知り合いがこの団体のためにマラソンをすることを、とても自慢に思う、というのです。一概には言えませんが、金銭的に余裕がある人ほど、募金の額は少なく(収入の割合から見た場合)、それほど経済的な余裕のない人のほうが、沢山の募金をしてくれるように思います。彼らはお金で全ての幸せを手にいれることはできないことを知っているのです。

ただ募金をするだけなら現金で10000ドル払えばいいのですが、それは違うような気がするのです。病気になり、治療をうけている人は、走りたくても走れない、健康で、走れるということはそれだけで、恵まれた、すばらしいことなのです。だから、走りたくても走れない人達の気持ちも背負って走るのです、他の人ができないことを自分がするのです。

ーーこれはフルマラソンですよね? みんなにこの話をした時の反応はどうでしたか?

ポジティブな反応はがんばれ、私たちの為に走ってくれてありがとう、あなたが友達でよかった、とかそういうものです。

ネガティブなものは、けがの心配や、健康の心配、また、付き合いが悪くなりつまらないとか、そういうものでした。でも95%はいい反応ですけどね。

ーーどうしてそもそもボストンマラソンと、ファンドレージングが結びついたのだと思いますか?

今から25年前に、はじめてファンドレーザーとして、ボストンマラソンと結びつけたのはDana Faberなんです。

ボストンの学校に通う学生の友人が、がんになり、Dana Faberのマラソンチームでコーチをしていた人に、走る事でファンドレージングをしてもいいかと相談をしたことがきっかけだったようです。

今では、ボストンマラソンを走るのはものすごく足の早い人か、ファンドレーザーでないと非常に難しくなっています。見に来るとわかると思いますが、始めのグループはものすごく走るのが早いグループ、あとの人たちはファンドレーザーで、よりエンターテイメント性が高くなっているのです。

ボストン人にとってだけでなく、アメリカ人にとってボストンマラソンというのはとても特別なものです。まさにPatriots day(愛国者の日)にみんなが気持ちを一つにして、同じ思いでゴールをめざすのです。

…続く…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中