MOOCs(大規模公開オンライン講座)の edX が一年を迎えて

edXというのは去年ハーバード大学とMITが一緒に始めた、MOOCs(大規模公開オンライン講座)の一つです。
MOOCs によって教育の国際競争が、本格化してきました。ブランドがない大学、差別化できない大学、にとってはますます厳しくなってきますね。大学にとってはオンラインで無料コースを提供するっていうのは一番いい、広告でしょうか。なんだか、気のせいか航空業会のアライアンスのような匂いがしてきましたが。

10月3日Harvard Gazette

“教育の黄金時代の幕開けです。人生でこんなに、教育というものが刺激的だったことはありません。”と、edXのプレジデントの Anant Agarwal氏はいう。

Anant Agarwal氏は1988年から、MITの電気工学とコンピューターサイエンスの教授でハーバード教育大学院が主催したフォーラムで、オンライン教育で、人々の学びに対しての考え方がどうかわったか、という力強いメッセージを伝えた。

ハーバード大学とMITの間のノンプロフィットのパートナーシップが 提供するedXの講座が去年の秋に始まって以来、今ではedXは世界29カ国の大学と連携して、140万人の人が参加するものになった。HarvardXだけで、50万人以上のユーザーがいる。Agarwal氏は10億人の参加を目指している。

ハーバード教育大学院の 学部長James Ryan氏は ”10億人なんて、大げさな、と思うかもしれませんが、世界中の誰もが教育にアクセスできて、成功して、満たされた人生を過ごす為の知識と技能を確実に得られればいいな、と思っています。
テクノロジーは世界を変えました。健康管理、コミュニケーション、輸送も、何もかもすっかりかわってしまったけど、教育はかわりません。”

edXに参加する学生が劇的にふえることで、大量のデータが生み出される。 Agarwal 氏はedXのユーザエクスペリエンスを改善するだけでなく、プラットホーム・ユーザ・インタフェースの一部としての、最善の学習方法や教授法に基ずいてedXを改善することが可能になったという。

学生は、小さなグループを作ったほうが学びやすい傾向にあるので、場所を提供して、周辺にいる同じ講座をとっている学生に知らせるという方法もあるし、コースのどの部分が問題なのかを調べるために、フォーラムのようなものを作り、そこでどんなことが質問されているのかを調べ、ビデオチューターをつけるという事も考えられる。宿題をするためにチューターが必要な場合はチューターサービスやチャット、テキストメッセージのボタンを提供できるかもしれない。

学生が参加する事で得られたedXの大きなデータは, タイムリーな意味がある結果として、教育を研究している研究者が利用できるようになった。
edXデータを処理しているHo氏は、今までのデータからオンラインだけでなく、実際のキャンパスでの教え方も改善されるだろうと思っている。

”まだ一年しかたってませんからね、これからですよ。”

Agarwal氏は業界に競争相手がいることはいい事だと思っている。”市場にいろんな参加者がいるからいろんなやり方をして、違ったビジネスモデルがあり、利潤を追求するものも、しないものもあります。教育にとって本当にいいことだと思いますよ。”

以上が要約です。

現在世界の人口が約71億人として、そのうち10億人がedXで学んだとしたら、、、すごいことです。学位をとるかどうかは別として、英語を学ぶためというより、興味のある事を英語で学べるというのはとても魅力的だと思います。特に忙しい方にはとても合っているのではないでしょうか。

MOOCsに関しての参考記事
MOOCsは役に立つのか?

もし、あなたが40歳を超えていて、これから英語を使ってビジネスや起業に関わることを学ぼうと思っているのなら(その3)オンラインコース

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中