バイオ産業のカタリスト、投資家でもある女性起業家の話(2)

バイオ産業のカタリスト、投資家でもある女性起業家の話(1)からの続きです。

ーところで、ヨーロッパの女性のほうが自然に働きながら子育てをしているのを感じるのですがどう思いますか?ご自身は、二人のお子さんを育てながらスタートアップも2つ立ち上げ、大変忙しいと思うのですが。

確かに、ヨーロッパでも子育てしながら働くのは普通なんですが、別に外で働かなくても、周りの人はその人の人生を尊重します。
でもここでは、お金を持ってくる人が尊敬されますね。だから、子供が小さくて働けないとか、他の理由で家にいる人が何かを逃してしまったという気持ちになるのかもしれません。それから、ここでは女性達が何かを怖がっているのを感じますね。。。アメリカではデイケアやサポートするインフラは充実していると思いますが、競争社会ですし、プレッシャーもあります。
だから私のいる会社では子供を育てる親達は、9時から5時までとかフィックスでなくフレキシブルに働けるようにしています、シングルファーザーもいますし。すると面白いことに3倍くらいはハードに働くようになったんですよ。

私は、ビジネスを作り上げていくのが好きなので、お金をあげるから頼むからうちにいてくれ、といわれても断りますけど。
でも、子供がいて本当によかったと思いますよ。大抵のいいアイデアは子供達と一緒に何かをしている時に得ます。自分の周りにも、キャリアの為に子供を断念している人がいますが、大事なものを逃していると思いますね。

私は一人目を生んで、6週間目で仕事にもどり、2人目の時は3ヶ月後にスタートアップを立ち上げました。確かに子供にはお金がかかりますけど、やはりそれも優先順位の問題なんです。あとは、いいベビーシッターがいることも重要です。

***

これまでに自分の道を進んでいる幸せな女性の起業家達と話してきて思うのは上手くやっている人達は、自分のしていることが楽しくて、本当にしたいことをしているということ。そして、誰かが損をするような、ビジネスをしないというのが、基本にあると思います。彼女も話していましたが、バイオの世界では非常に倫理観というものをとわれます。投資というとROIをまず第一に考えるはずですが、彼女が求めている世界は、患者中心の世界、患者にイノベーションをもたらす、 ということがゴールなのだと。治療の結果がでない為に、患者のために追加投資をしないケースもありますが、それでも色々なものに投資していけば、どれかが回収されるのでロングランでみる必要があるとのこと。投資家というのも数字の背景にある何に投資するのか、ということを見極めることがますます問われてきそうです。

私生活をみれば彼女もやはり優先順位が一番高いのは”子供”だといっていますが、ヨーロッパの女性は何かに依存する傾向はあまりないように思います。自分の人生だから、他人から見た自分の評価というのもあまり気にしないし、その人がそれで幸福ならそれでいいんじゃないの?で終わってしまう。アメリカでは“イメージ”というものをすごく大事にすると彼女もいっていましたが、他人の目を気にしすぎる事が、彼女の話していた“女性達が何かを怖がっている”事につながるのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中