TED× Cambridge 2014 Fall -6軒のレストランをマンハッタンに運営する秘訣-

TEDトークケンブリッジにいってきました。一度、ライブが見てみたかったのですよね!!やっぱりyou tubeでみるのよりもライブは全然、インパクトが違いました。スピーチをする人の温度を感じるというか、距離感が近いので、五感でトークを感じるということができました。

今回は、7組(1組は2人でスピーチ)のスピーカーが出演しましたが、入り口にはテスラ、ホールにはグーグルグラスが出迎えて、会場の雰囲気を盛り上げていました。
今回の大きなテーマは自分が認識している自分と人からみた自分とのギャップ、というものだったと思います。それを色々な方面からアプローチ、例えば、それがリーダーシップや経営に与える影響だったり、フォトグラファーからの視点だったり、その心理を解き明かすことだったりしました。

スピーカー

スピーカー

TEDトークではスピーカーに沢山のアイデアをもらうわけですが、それを見ている観客もそのアイデアで世界を変えていくという、見ている人達もそれぞれの生きる分野で世界を変えるために貢献するという役割を担うことで、広意義での勉強会と言えると思います。

その中で、今回、印象に残ったスピーチの1つを紹介します。

ニューヨークのマンハッタンに6軒のレストランを所有するGabriel Stulman氏のスピーチです。
氏によると、レストラン産業の収益率は大体6%、オープンしたレストランも1年以内に9割が廃業になってしまうほど、厳しいビジネスだといいます。賃金が低い産業において、そのような、厳しい環境の中で、彼はいかに、6軒ものレストランを繁盛させているのでしょうか。
彼が一番大事だと思っていることは、いかに従業員に情熱をもって、100%のもしくはそれ以上の仕事をしてもらうのかということです。仕事に情熱をもって取り組んでくれる従業員を集めるのが成功の大きな鍵だといいます。
マッキンゼーの調査によると、アメリカ人の10人に3人しか、仕事に対して情熱をもって取り組んでいる人はいなくて、10人に6人は全くやる気がない、という結果がでています。

彼によると、重要なことは、
• 従業員の夢と会社の目指すものが同じ方向にむいていること。
例えば、従業員の夢を果たすことで、会社(この場合は店舗)も繁栄するような関係を作ること。従業員を雇う時に、その人は何を目指しているのか、会社はその人にとって何を提供でき、又従業員は何が会社に貢献できるのかということを明確にする。

• 外から人材をつれてきて、トップにおくのではなく、内部の人を昇格させていくこと。
ここにいたら上のポジションに上がるチャンスがあるから、ここで働きたいと、自然に人が集まってくるようになる。

***

10人のうち3人しか、仕事を一生懸命、情熱を持って取り組んでいないなんて、いうことを経営者がさせていてはいけない、という思いが伝わってくる話でした。

レストランなので、いかに腕のいいシェフをつれてくるのか、という話や美味しいものを作るという話は全くなく、いかに従業員を満足させ、質のいい仕事をしてもらうのか、という点にフォーカスしているのが印象的でした。

それにしても、この20分ほどをスライドをみせることなく、メモをみることもなく、数百人の心をつかむというスピーチをするわけですから、プレゼン能力恐るべし。。。

Gabriel Stulman

Gabriel Stulman

参考記事:
オンラインコース
もし、あなたが40歳を超えていて、これから英語を使ってビジネスや起業に関わることを学ぼうと思っているのなら...(その3)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中