留学生動向からわかる、インドと中国の経済状況

ウォールストリートジャーナルインド版に、インドと中国からアメリカにくる留学生数の伸びについての記事があり、それによると去年は外国からの留学生数は記録的に高い数字だったのですが、アメリカにくる外国人の中では中国人学生が一番多く前年に比べて17%増加、2位のインドは、前年に比べ6%の増加でした。

インドと中国の留学生数動向Source: Institute of International Education

ウォールストリートジャーナルインド版より
インドと中国の留学生数動向 Source: Institute of International Education

2009年まではインドからくる学生数のほうが中国からよりも若干多かったのですが、2009年を境に中国からの学生が激増しています。中国人の学生は学部生として、ビジネス関連を専攻をするのに対して、インド人の学生はサイエンスや数学といったより科学技術的な分野を大学院で学びその割合は中国人の倍にも上ります。

中国人のほうが、学部生が多いのは経済的な理由だともいいます。
所得が増え、グローバル化が進んでおり、4年間で25万ドルを払える可処分所得が相当額ある富裕層が中国にはかなりいるとのことでアメリカの大学側からも学生の確保に動いているというのはよくききます。

一方、インド人の場合、アメリカの学部4年間を支払うことができる富裕層が少ないこと、もし国際的な学位をとりたいなら将来的に高給につながる大学院を選択するそう。
インド人学生の伸びが悪いのは、卒業してもアメリカでの就職の可能性が低いということもあるようです。雇用の状況がよくなれば学生数が増えるのかもしれません。

昨年度、アメリカで勉強する中国人の学生は80億ドル、インド人は33億ドルほど支払っているそうで、苦しい大学経営に貢献していますね。。。
アジア人を増やしたくないといっても、選択肢の多い一流大学は別として、学生数を獲得したい中堅以下の大学にとっては全額を奨学金なしで払ってくれるアジア人は歓迎というのが本音かもしれません。

関連記事
ボストンで学ぶ外国人学生の増加と問題点

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中