TEDxCambridge2015 Springに参加したイノベーティブな会社色々

TEDxはオーガナイザーが誰かによってかなり、雰囲気が違ったものになると思うのですが、ケンブリッジのTEDxではトークショーが始まる2時間前から、イノベーションラボと題して、イノベーティブな企業がブースを出して商品、サービスの紹介や飲食等のサンプル品の展示、販売を行います。イノベーションラボではフォーチュン500の会社だけでなくスタートアップのサービスや商品も紹介します。

今回は、フィリップスやi robot のような企業からテスラや3Dプリンター系の旬の企業、そして、MITのエンジニア達がはじめたメンズのシャツや靴下等のウエアを販売する、Ministry of supplyもありました。
男性は、シーズンごとに流行を追うというより、気に入った製品を長く使いたい、デザイン以上に機能も重視する、という傾向にありますよね。このブランドは最新のNASA等のテクノロジーを使って、デザインはシンプルで、飽きがこないけど、アイロンが必要ないシャツや、臭わない(?)靴下など、シンプルベーシック機能性の高いコレクションを展開をしています。

また、タコの足からインスピレーションをえた、ロボットアームを開発した、 Soft Roboticsもありました。
このロボットアームはとても柔らかく、動きにも柔軟性があるので、従来つかむのが難しいとされた球体のものや、柔らかいものでも、しっかりとつかむことができます。

そして、サステナブルビジネスとでもいいましょうか、以前、ブログでも紹介した、サステナブルな生活習慣を推奨するwe spireや、家庭内で誰でも野菜が作れるアクアポニックスのシステムを販売する Groveまで、ボストン発の元気な企業がブースをだしました。食関連のサステナブルビジネスは、ここのところ大変認知度があがり、これからまだ伸びてくる分野なのかな、という気がします。去年、紹介したチューリッヒのアクアポニックスの会社も今年ボストンのベンチャー企業から支援を受けましたし、世界的にも、農業の新しい形が模索されている感じがします。

MITのエンジニアの学生(当時)が立ち上げたGroveはその動機として現在の農業のあり方、食のあり方に疑問を呈したところから始まります。何千キロもかかるところからくる大量の化学肥料や農薬をつかった野菜や、水の問題等に疑問をなげかけ、もっとそれぞれが個々の家庭で食べるものを作ることができれば、ずっとサステナブルで、健康的なものが食べられるのに、ということが背景にあったそう。
私も自宅の小さなスペースで、ハーブや野菜を育ててきましたが、都会ではなかなか、スペース的に大きく色々作るのは難しいです。家具のような感覚で、食べ物が育てられるスペースを確保するとインテリアの一部のようになって素敵かも。

Grove

Grove

というわけで、ロボットアームやi robotの掃除機から、サステナブルなアプリまでイノベーティブなものが分野を問わず出揃った楽しいブースでした。

関連記事:
新しいアーバンガーデニングの形、アクアポニックス
サステナブル(環境に優しく持続可能)な生活を目指しているスタートアップWeSpire

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中