edX(大規模オンライン公開講座)で学んでいるのはどんな人たち?

ハーバード大学とMITが開発したedX(MOOCs、大規模オンライン公開講座)は160ほどの講座を提供しています。登録しているのは200万人、196カ国の人々ですが、そのコースの受講者、一番多いのはアメリカ人(60万人)で、2番目に多いのがインド人であるという 記事(The times of India) がありました
受講者のうち60万人はアメリカ人、25万人….インド人、8万人….イギリス人、ブラジル人、6万人….中国人
年齢は高校生が5%、18〜25歳が40%、25歳以上は55%、コースをとっている人の平均年齢は26歳

ちなみにインド人の中で一番人気のコースがハーバードの教授によるコンピューターサイエンス入門、2番目がMITの教授によるサーキットとエレクトロニクス、そして公衆衛生になるそうです、さすがITに強いインド人。しかも彼らは英語がよくできるのでMOOCsの利点としてある、一流の教授の授業を場所を問わず、無料でうけられるということを、金銭的な理由で大学に行けない人達も享受できます。

コースは通常4〜12週なのですが、終了率の低さがよく指摘されます。実際は6%程度の人しか、コースを終了して修了書をえることがないそうです。しかし、コースをとっている人の80%以上はすでに学士号をもっているということがペンシルバニア大学の調査からわかりました。要するに資格を得るために受講している人は多くないということです。

ノンプロフィットのedXの場合、コースが無料ということがコースを終了する率を逆に落としている一因でもあるように思いますが、逆にそれを利点ととらえ日本人の場合なら、大人の英語学習ツールとして興味のある分野を趣味的に勉強したり、TOEFLの練習の為とか、自習だけでなく学校の英語の先生にも活用してもらいたいと思いますね。

参考記事:
MOOCsは役に立つのか?

広告

ハーバードビジネススクールのオンラインコース

ここのところ、急激に浸透しているオンラインコースですが、ハーバードビジネススクールもとうとうオンラインコースに進出することになりました。(3月21日ボストングローブ)

といっても、無料のMOOCsではなく、有料のコース、しかも、ブランド力を落とさないために、ハーバード大学がMITと一緒に2年前に始めたedXには参加せず、独自のHBXというオンラインコースです。このコースは他の大学で学士を目指している学生の為のビジネスの基礎講座になります。参加できる生徒は、edXのように誰でもというわけでもなく、正式に申請しなければいけません。

実際オンラインコースは手軽さがありますが, コースをちゃんと最後まで終える人の割合は高くなくHBXでは真剣にコースに取り組みたい人のみの受け入れを考えています。
最初のコースは6月〜8月までで1500ドルかかり、初めてのコースはマサチューセッツ州にある大学の学生500〜1000人程度をうけいれ、3講座(財務会計、経営分析、マネージャーのための経済学)を提供します。全ての授業はハーバードビジネススクールで行われているように、ケーススタディです。成績評価をどうするかというのはまだ議論中らしいですが、評価のされかたも、他のオンラインのコースと違って相当厳しいものにはなるようです。通常の授業では学生はアトランダムに呼ばれて問題を解決する方法を聞かれたり、ケーススタディのサマリーをきかれたりしますが、オンラインではスクリーン上にボックスがあらわれ、聞かれた質問に数分で答えなければなりません。

このコースを終えれば、ハーバードビジネススクールで講座を終了した、という証明書がでてそれが履歴書に書けます。企業は100年もの間、ハーバードビジネススクールというブランドを信頼してきたので、その名前を使うには学校側も気を使うようです。

今回の取り組みがうまくいえば、マサチューセッツ州以外にも対象を広げ、コースのサイズや長さを変更していく予定で、将来的にはプロフェッショナルコースを視野にいれているそうです。

関連記事:
MOOCs(大規模公開オンライン講座)の edX が一年を迎えて
MOOCsは役に立つのか?
MOOCs(大規模公開オンライン講座)受講後の転職・就職成功率

MOOCs(大規模公開オンライン講座)から学ぶ世界標準の作り方

MOOCsはほとんど、無料のコースですが、その中でMITが$495のコースを発表しました。この1年強の間にMOOCSは急激に浸透し、去年の10月の段階でedXの登録者数140万人、ということでしたが、登録者数がふえたことからMITが新たな戦略にでました。1月10日Gigaomによると、$495のコースはビックデータのコース Tackling the Challenge of Big Data でこの3月から始まる4週間のコースは初めてのプロフェッショナルラーニングのコースになり、アカデミックなものではありません。
これはedXのプラットフォームを使ってプロフェッショナルなクラスを提供するオンラインXと呼ばれる大学によって提供されるものになります。

お金がかかる分、受講する人もそれなりの覚悟と意欲をもってクラスをとるので、終了率もあがることが期待されますね。現実的に、オンラインのコースは働きながらとる人が多いわけで、プロフェッショナルのコースを充実させることは、理にかなっているといえます。
これで、無料のコースの時にはほとんど、評価されなかった、MOOCsの修了書も転職の時に少しは評価が違ってくるのでしょうか。

オープンソースにして、サービスをただで解放し、短期間で数を増やして(仲間を増やして)標準化すること。日本のように、世界標準を作るのが苦手な場合、このやり方は、他の業界でも参考になる、手法な気がします。

現状、世界の大学が参加するMOOCSで支配的になっているのがedXかcousera。基本的にどちらかのみに大学は参加できるようです(今まで唯一、2つのグループに参加しているのが、スイス連邦工科大学のローザンヌ校)これからどういう展開になっていくのか、目がはなせません。

関連記事
MOOCs(大規模公開オンライン講座)の edX が一年を迎えて

MOOCs(大規模公開オンライン講座)受講後の転職・就職成功率

MOOCs(大規模公開オンライン講座)受講後の転職・就職成功率

MOOCsは特に海外から、勉強するにはとても便利なツールだと思われるのですが、それで実際、仕事を探すとなると、難しい、ということが判明したそうです。(12月16日、2013 The Chronicle of Higher Education)メジャーなところでいえば、Coursera, edX, and Udacityは、どこも優秀な成績をとった学生と、雇用主をつなげようと模索しています。実験的に、edXはMOOCsで勉強した優秀なコンピュータサイエンス専攻の学生868人と、グーグルや、アマゾン、SAPのようなテクノロジー会社とマッチングさせようとしました。ほとんどの学生は米国外からの学生で、そのうち多数がすでにプロフェッショナルとして働いている人達です。しかし、868人のうち、インタビューにいきついたのはたった3人、採用は誰もされませんでした。この実験が失敗に終わった為、edXでは職業紹介プログラムの中止、現在、edXは収益を生み出す他の方法を探しています。

MOOCsは役に立つのか?という記事でも、以前紹介しているのですが、実際には企業は何を勉強したかより、何ができるか、に重きをおくということ、上記の例では、候補者がほとんど外国人であるということや、人事担当者がまだ従来の教育システムでの修了証書を重視する、というのも大きい点らしいです。なんといっても、2012年にスタートしたばかりです。

それより、MOOCsは英語が学びたい日本人にとってはとても有効なツールだと思います。就職につながる資格、という意味ではまだ難しいにしても、無料のコースで自分の興味のある分野を時間をかけて、繰り返しみれば、確実に英語のリスニング力はアップしますし、クイズがでたり、事前に、資料を読んだりすることで、読解力もつきます。”話す力” という意味では、英語以前に日本語で何がいいたいのか、完結にまとめる力をつけてからでしょうか。日本語で自分の意見を完結にまとめられなかったら、外国語ではますます無理です。もし、話す機会を作りたいようならば、参加型のオンラインコースをとると、発言する機会も増えます。

MOOCs(大規模公開オンライン講座)の edX が一年を迎えて

edXというのは去年ハーバード大学とMITが一緒に始めた、MOOCs(大規模公開オンライン講座)の一つです。
MOOCs によって教育の国際競争が、本格化してきました。ブランドがない大学、差別化できない大学、にとってはますます厳しくなってきますね。大学にとってはオンラインで無料コースを提供するっていうのは一番いい、広告でしょうか。なんだか、気のせいか航空業会のアライアンスのような匂いがしてきましたが。

10月3日Harvard Gazette

“教育の黄金時代の幕開けです。人生でこんなに、教育というものが刺激的だったことはありません。”と、edXのプレジデントの Anant Agarwal氏はいう。

Anant Agarwal氏は1988年から、MITの電気工学とコンピューターサイエンスの教授でハーバード教育大学院が主催したフォーラムで、オンライン教育で、人々の学びに対しての考え方がどうかわったか、という力強いメッセージを伝えた。

ハーバード大学とMITの間のノンプロフィットのパートナーシップが 提供するedXの講座が去年の秋に始まって以来、今ではedXは世界29カ国の大学と連携して、140万人の人が参加するものになった。HarvardXだけで、50万人以上のユーザーがいる。Agarwal氏は10億人の参加を目指している。

ハーバード教育大学院の 学部長James Ryan氏は ”10億人なんて、大げさな、と思うかもしれませんが、世界中の誰もが教育にアクセスできて、成功して、満たされた人生を過ごす為の知識と技能を確実に得られればいいな、と思っています。
テクノロジーは世界を変えました。健康管理、コミュニケーション、輸送も、何もかもすっかりかわってしまったけど、教育はかわりません。”

edXに参加する学生が劇的にふえることで、大量のデータが生み出される。 Agarwal 氏はedXのユーザエクスペリエンスを改善するだけでなく、プラットホーム・ユーザ・インタフェースの一部としての、最善の学習方法や教授法に基ずいてedXを改善することが可能になったという。

学生は、小さなグループを作ったほうが学びやすい傾向にあるので、場所を提供して、周辺にいる同じ講座をとっている学生に知らせるという方法もあるし、コースのどの部分が問題なのかを調べるために、フォーラムのようなものを作り、そこでどんなことが質問されているのかを調べ、ビデオチューターをつけるという事も考えられる。宿題をするためにチューターが必要な場合はチューターサービスやチャット、テキストメッセージのボタンを提供できるかもしれない。

学生が参加する事で得られたedXの大きなデータは, タイムリーな意味がある結果として、教育を研究している研究者が利用できるようになった。
edXデータを処理しているHo氏は、今までのデータからオンラインだけでなく、実際のキャンパスでの教え方も改善されるだろうと思っている。

”まだ一年しかたってませんからね、これからですよ。”

Agarwal氏は業界に競争相手がいることはいい事だと思っている。”市場にいろんな参加者がいるからいろんなやり方をして、違ったビジネスモデルがあり、利潤を追求するものも、しないものもあります。教育にとって本当にいいことだと思いますよ。”

以上が要約です。

現在世界の人口が約71億人として、そのうち10億人がedXで学んだとしたら、、、すごいことです。学位をとるかどうかは別として、英語を学ぶためというより、興味のある事を英語で学べるというのはとても魅力的だと思います。特に忙しい方にはとても合っているのではないでしょうか。

MOOCsに関しての参考記事
MOOCsは役に立つのか?

もし、あなたが40歳を超えていて、これから英語を使ってビジネスや起業に関わることを学ぼうと思っているのなら(その3)オンラインコース