マサチューセッツ州の学生ローンの実態

学士号取得者の学生ローンの額は年々あがっているのですが、学生ローンに関するプロジェクト(project on student debt)は学生ローンを借りて学士号をとった人の割合と、その平均額について調べました。非営利の教育機関、公立大学を調べたところ、2013年に卒業した69%にローンがありローンの平均は28400ドルということなのですが実際は州によって、また大学によっても差が大きいようです。

ちなみに一番高いのがニューハンプシャー州の32795ドルですが、高いほうから10番目までの中に4つのニューイングランド地方の州がはいっています。東の方がお金がかかる?
マサチューセッツ州の実態はどうなの?というと、マサチューセッツには大学の数が100以上ありますが、営利大学、また認可のない高等教育機関をいれるとパトリック州知事によると300ほどの教育機関があるそうです。 (マサチューセッツ州の大きさは中部地方くらいの大きさです)この統計ではマサチューセッツからは53校がデータを供給したとのことですが66%がローンを組んでおり、その金額は全米平均より高い、28565ドルということです。

マサチューセッツの学校のうち7校は一人4万ドルを越えています。大抵は小規模、中レベルの学校なのですが、専門性の高い学校としてボストン建築大学は5万ドルをこえて、75%の学生が負債を抱えています。
一方、ハーバードのような学校の場合は26%が12560ドルの負債というわけで、かなり低い割合ですが、これはハーバードのような一流大学は低所得者層には手厚いサポートがあること、またそもそも裕福な家の人達も多いです。又小規模ながら一流のウィリアムズカレッジやアマーストカレッジといったリベラルアーツ大学も、比較的ローンが低いですね。

一流大学に関しては大学側も資金的に余裕がありますし、学生の側にも色々なオプションがあるのでそれほど深刻でない場合が多いですが、問題は中レベルの小さなカレッジですね。
この州は比較的治安がいいエリアが多いせいか、生活費や物価もアメリカの他の地域に比べると高いということもお金がかかる1つの要因かもしれません。

そして、この数字は学生の報告ではなく、大学側からの報告であり、数字には大学院の学生は入っていませんが、全米の1兆ドルといわれる学生ローンの負債を見たときにほぼ 40% が大学院の学生によるものだと試算されていいます。2012年までに大学院生のローン平均は57000ドルになったとのこと。

実際、4年制の大学を卒業するのに、寮費等も含めると1500万~2000万ほどかかるとして、さらに、MBAやロースクールにいって又、1000万から場合によっては2000万かかると、学卒の借金をかえさないうちに、(又は、返しおわったらすぐに)大学院の借金を背負うということになる確率があるということですか。 そして、給料があがることを想定して大学院を卒業しても実際給料があがらない、ということが多くある、というリポートがあります。そうこうしているうちに、今度は住宅ローン?厳しいですね。。。

そう考えると益々、大学選びは慎重になると思いますが、この分野ならいい給料がもらえそうだ、という以上に、自分の強みがどこにあってどの分野なら自分の能力を最大限生かせそうか、ということをもっと考えて職種、職業を選んでいく必要があるように思うのですが。
同じ職業についたとしても、その中での収入差といものもこれからもっと広がっていくような感じがします。

参考記事
自分の才能や強みは何かを見極める為の適性テスト

自分の才能や強みは何かを見極める為の適性テスト ーその2ー

マサチューセッツ州の学生ローンの実態」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: アメリカ大学受験の雰囲気 | ARROW英語教室(NARA)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中