金融業界にも広がるAI(人工知能)について

フューチャーオブザマネーイベント第3弾は金融におけるAIについてでした。
ボストンに先立ちこのイベントは先日すでにニューヨークのウォールストリートで行れましたが、もちろん、金融街の人たちもAIには興味深々。なんといっても将来の自分達の仕事がどうなるか、ということを心配しなくてはならないですからね。
金融の街もたくさんのプログラマーを必要としていますが、実際腕のいいプログラマーはフェイスブックやグーグルにいってしまい、人手不足とのこと。

ファイナンスの世界では自動売買にアルゴリズムが使われ、金融テクノロジーの世界は、どんどん進歩していますよね。去年のフューチャーオブザマネーのイベントの時に、スポンサーをしていたクレディスイスは、自分の仕事がなくなる心配をしていましたが、どうやら冗談ではなくなってきているようです。先日も、あるプライベートバンカーが自分の部署が閉じることになったといって、新しい職探しをしていました。
ちなみに今回のスポンサーはチューリッヒ保険。

パネリストにはIBMのWatson リサーチセンターからエンジニア、フィンテックの会社2社、AIの専門家でした。
IMG_future of the money2

AIの専門家にいわせれば、イメージ解析というのはもうコンピュータのほうが優れているし、コンピュータが理解できる言語認識力というのも、どんどん向上しているので通訳や翻訳家が必要なくなるというのは(近い?)将来十分ありえる世界だといいます。現状すでに英語と他のヨーロッパの言語の場合、グーグル翻訳でもまあそんなにひどくないですが、日本語ー英語の機械翻訳というのはもう少し時間がかかりそうですね。
IBMはこれからはますます、機械と人がどのように協働していくのかがテーマになるということ、をいっていましtが、これは先日のTEDx でも話にありました。問題解決をコンピューターと人間が協働して行っていく時代にこれからなっていくようです。

莫大な情報を集めても大事な情報は5%であり残りの95%はノイズといわれますが、実施シンガポールの銀行ではこの95%の情報を精査して、そこから何に投資するかというのを調べ上げるようなプログラムをIBMが作っているといいます。この先、この95%をどうやって意味のあるデータとして使えるかというのがこの10年くらいの間に進歩しそうです。
また、金融だけではなく、もっと身近な例では、がん検診で集めたデータを医者が見る場合、診断の30%は誤診であるという現実があり、この精度というのはAIの技術が進歩すればあがるといいます。

結局、膨大な情報から一定の法則や傾向を分析するというのはコンピュータのほうが人よりも圧倒的に早いしうまくできるということで、人の可能性というのは実は直感であったり、規則性のない部分(カオス?)から生まれるのかなという感じがしましたね。そして例えば、見つけた法則どうしを組み合わせ更に新しいものをうみだすとかいったことがこれから人が活躍できる分野なのでしょうか。

関連記事:
まだまだこれから?ビットコインの話
サステナブルインベストメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中