はやぶさ2の打ち上げに思う、宇宙は誰のもの?

小惑星探査機はやぶさ2が3日、打ち上げられました。

宇宙に色々なものが送られますが、月よりも遠いところにいったものが自力で戻ってくるというのはすごいことなのですが、
はやぶさが帰還したその偉業は、残念ながら世界的には専門家の間以外ではあまり知られていないようです。
これは日本の宣伝力、コミュニケーション力の弱い面がでてしまったようでとても残念ですね。。。

はやぶさがすごい点というのは、月より遠くにいったとか、予算が少ないのに、偉業を果たしたとか、世界で初めて小惑星の微粒子を地球に持ち帰ったとか色々あるのですがこのプロジェクトは ”戻ってきた” というのがとても大きなポイントだと思います。
宇宙開発事業に関してはここのところ、世界中で競い合っている感じがありますが、どれも、どこかにたどりついてデータを送るということが目的で、”戻る” という考え方はほぼないように思います。(有人飛行以外)

ルナーエックスプライズというGoogleがスポンサーとなり開催されている月面無人探査を競うコンテストがあります。
賞金総額30億円にも及ぶこのコンテストでは2015年12月31日までに無人探査機を月に着陸させてデータを地球に送ったり、決まった距離を走行させたり、アポロ計画で月面に残した機器を撮影したりというミッションをクリアすると賞金がでるということで、日本のチームも含め世界から数十チームがいまのところ参加表明をしています。しかし、こういったコンテストでも ”戻る” ということは、ポイントにないようで、すると、数十チームの機材が永久に月の上に残るということになりますがそう考えると、宇宙にものを置いていく権利、もしくは今回のはやぶさ2のように、爆発で人工クレーターをつくり、物資を持ち帰る権利となると、それは誰にあるのか、月や惑星は誰のものなのか、ということをついつい考えてしまいます。
ミッションの一つに宇宙ゴミを処理する、というのも付け加えていただけると、1つの問題解決にはなると思うのですが。。。

とにかく、はやぶさ2、2020のオリンピックの年の無事に戻ってきてくれるといいですね!