女性の為の独立、起業支援

先日は大学を主としたイノベーションエコノミーの話でしたが、大学発でない場合の起業を支援する仕組みに関してもう一つの例を紹介します。

Center for Women and Enterprise(センターフォーウィーメンアンドエンタープライズ)というマサチューセッツ州に拠点が数カ所とロードアイランドにもあるNPO団体があります。
これは女性の独立支援をする為、スモールビジネスを立ち上げる為に必要な情報や、法規制、ビジネスプランの作り方、資金提供に関して等、独立、起業に必要な情報やコンサルティングを安価に提供している団体です。特別な技術や大きな資金が必要となるような規模の展開をしようとするよりも、小規模の起業をするほうが大多数であることから、大きな規模の起業ではなく、(将来的には大きくなるのかもしれませんが)自分のもっているスキルや、人的ネットワーク等を使って、どのように自分のビジネスをたちあげていくのかという支援を女性にしてくれます。
ウェブで受けられるコースもあるので、遠くに住んでいる人達はそういったコースをうけることもできます。

独立、起業を考えた時、大抵の人は初めから自分は世界を変えるんだ、というような大きな夢を掲げるより、どうやって明日食べていくのか、ということを考えるほうが多いのではないかと思います。現実的に、離婚したとか、シングルマザーが子供を抱えながらも自立していく為にMBAや経済、経営の具体的な知識がなくても、自分が売れると思えるサービスがあればそれをどうやってビジネスにしていくのかということをサポートしてくれるとても現実的なサービスです。

具体的に自分のビジネスに必要な細かい部分に関しても、メンターを紹介してくれたりしてサポートしてくれ、このブログでも紹介したWespireのスーザン・ハントさんといった成功している起業家の方達もボードに名を連ねています。

アメリカ人は何もないところからビジネスを立ち上げるのが上手いといつも思いますが、起業のエコシステムというものが大学を中心とした大規模なものから、地域に根ざした小規模なものまで、裾野が広いことも起業文化を支えていると考えられます。

関連記事:
イノベーションエコノミーをどのように育てるのか   −ケンブリッジ市の成功例から学ぶ−
サステナブル(環境に優しく持続可能)な生活を目指しているスタートアップ-practically green(WeSpire)-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中